国際弁護士とは

よく使用されているためそういう職業や資格が存在するのではないかと思っている人が少なくない国際弁護士ですが、実はこのような名称の仕事や資格があるわけではないのです。
あくまでも俗称であり、正式な職業や資格のことをいうものではありません。


それではどういう人のことを指しているのかというと、メディアでは海外の弁護士資格を有する日本人のことを意味している場合が多いです。
日本の弁護士資格だけでなく何カ国かの資格を持っている人や、海外の資格しか有していないものの、日本で暮らしていたり、日本で仕事をしている人、日本国内の弁護士資格だけ持っており、海外の資格はないものの、海外や海外の会社との関わりが少なからずある人が該当するとされています。


仕事や資格は存在しないため、なりたいと思っていた人の中には残念に思った人もいるでしょうが、前述したような呼ばれるようになる条件を満たしてメディアに露出するような活躍をしていれば、なれないわけではありません。
最低でも取得するには超難関とされる弁護士資格が必要になりますが、目指してみるというのもいいのではないでしょうか。


当サイトでは、ここで取り上げたことのほかにも、国際弁護士と呼ばれるような人物になるまでにいったい何をすべきか、国際弁護士と関連のある外国法事務弁護士とは何かについての解説をします。
将来的に国際弁護士として活躍したい人が知識を深めるための一助となれば幸いです。


▼特集▼
慰謝料請求を専門にした弁護士事務所のサイトです → 弁護士 慰謝料

Copyright © 2014 国際弁護士ってなんだ? All Rights Reserved.